借金を繰り返す人の人生。

借金を繰り返す人の人生について書いています。

私が学生時代は、実家からの通学でしたので食費などは苦労する事はありませんでした。

しかし、私が大変だったのが外食や遊ぶ際のお金がないことでした。

理由としては、部活をしていたため、バイトをする事が禁止になっていたため、何も収入彦がありませんでした。なので、何か大会が終わるたびに、ご飯を後輩におごり、万単位でお金が飛んで行ったため、もらっていたお小遣いもあっという間になくなりました。

 

私の対策としては、まずは昼ごはんの節約から入りました。

部活で拘束される時間が長かったため、昼は基本外食になります。学食で友達と食べることも多かったのですが、少しでもお金を浮かせるために、売店で大きい甘い菓子パンと、甘い飲み物といった甘さで空腹をごまかしました。

夜は出来るだけ家に帰り、そこでお腹が減った分たらふく食べる食い溜めをしていました。

また、大学の友達にコンビニでバイトしている人がいたため、廃棄になりそうな弁当を持って帰ってきてもらい、一緒にご飯を食べるといった事をすることで、1円も使わない日も作ることができました。

 

食費は結構削ることができましたが、あとは通学の際にかかるお金を減らすために原付で通学するようにしました。

この原付も先輩が乗らなくなったものを頂き、乗り続けました。そうすることで、電車でかかるお金を削減することができました。

ただ、どうしても乗らなければいけないときなどは、100円単位でも節約するためにひと駅歩くなどすることでお金を節約しました。

 

極めつけの節約は、教材の購入をしなかった事です。大学の教科書はとても高いものが多いです。

さらに全ての講義の教科書を買うとなると、多くの金額がかかってしまいます。

なので、先輩に教科書をもらっていたのはもちろん、テストに出る範囲のみ手書きでノートに写すなどする事で、全く買わない年もありました。

 

消費者金融に借りて金欠をカバーする先輩もいましたが、私はそれはせずのギリギリの生活を送っていました。※参考サイト⇒モビット学生

家で過ごす分に関しては実家だったので何も苦労しませんでしたが、その環境でいかに自分のお金をためるのかという事を必死に考えて写した行動でした。

今思えば、親にお願いするなどもっと簡単な行動があったのではないかと感じます

No Comments :(